General World

Get real time update about this post category directly on your device, subscribe now.

レッドブル、マクラーレンを口撃「同じルノーPUだが2度周回遅れにした」 – F1-Gate.com

レッドブル、マクラーレンを口撃「同じルノーPUだが2度周回遅れにした」 – F1-Gate.com

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2018年シーズンの振り返りのなかでマクラーレンに屈辱的な言葉を浴... レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2018年シーズンの振り返りのなかでマクラーレンに屈辱的な言葉を浴びせた。 マクラーレンは、ホンダとのパートナーシップを解消した際、車体はグリッドではベストシャシーであり、ルノーのエンジンを搭載すれば、レッドブル・レーシングに対抗できるはずだと豪語していた。 マクラーレンの目論みはシーズンが開幕してすぐに崩れることになるが、レッドブルとマクラーレンの関係は、マクラーレンがトロロッソのテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーの引き抜きを契約が成立する前に発表したことでさらに悪化した。 2018年を振り返り、ヘルムート・マルコはマクラーレンへの皮肉を込めた口撃を行った。 「我々は通常のレースで同じエンジンでマクラーレンを2度周回遅れにしている。あなたはそれをどう思う?」とヘルムート・マルコはコメント。 「もちろん、ダウンフォースだけを見れば、マクラーレンが前年のスパでどのようなことをしていたかを見なければならない。フルウイング、フルダウンフォースだ。もちろん、彼らはコーナーでは最速だった」 「だが、ストレートでは・・・もし我々がクルマをそのようなやり方でセットアップしたら、決して我々の結果は達成できなかっただろう。妥協をしなければならなくなる。重要なのはコーナーリングスピードではなく、総合的なラップタイムだ」 マクラーレンがホンダを捨てた後、レッドブルは姉妹チームのトロロッソにホンダのF1パワーユニットを搭載。2019年のレッドブル・ホンダとしてのパートナーシップで落とし穴にはまらないように姉妹チームのトロロッソを実験台にしてホンダのポテンシャルを見極めた。 「当然ながら、我々にとって特定のリクス要因はある。ホンダは追いつかなければならないし、彼らは積極的に仕事をしていかなければならない。だが、それが我々を思いとどまらせることはない。私は我々がメルセデスとフェラーリのようにシーズンあたり3基のエンジンを期待できるとは思っていない」 「だが、マックスとダニエルは18番手や19番手からスタートしたときでさえ、2~3周で再び上位の近づくことが可能なことを何度か示した」 マクラーレンによるジェームス・キーの引き抜きについて、ヘルムート・マルコは「何かを議論しているときにプレスリリースを通してそれを聞かされるとはね・・・」とコメント。 「だが、まだ解決策はない。アブダビで私はマンスール・オジェに会った。両社が解決策を求めているので、彼とじっくりと整理していくことになる。成功する可能性はある」 マクラーレンは、ジェームス・キーが2019年にチームに加入することを明言していはいるものの、まだそれがどのタイミングになるかは明らかにしておらず、2019年マシン『MCL34』にジェームス・キーがインプットを与えることはないとしている。 来年、ホンダのパフォーマンスが大幅に改善した場合、マクラーレンはヘルムート・マルコからの屈辱的な言葉を浴びせ続けられることになるかもしれない。 カテゴリー: レッドブル | マクラーレン

國務院前發言人袁木據報逝世 六四後曾稱天安門無人死 – 雅虎香港新聞

國務院前發言人袁木據報逝世 六四後曾稱天安門無人死 – 雅虎香港新聞

曾說「六四天安門沒死一個人」的 中國國務院前發言人、國務院研究室前主任袁木,因病於12月13日在北京逝世,終年91歲⋯袁木在六四事件期間擔任國務院發言人的袁木,據報上星期四在北京逝世,終年91歲。內地傳媒引述來自袁木治喪工作小組的消息,報導有關死訊,網上亦流傳由小組發出的訃告。本台致電八寶山殯儀館查詢,職員表示,袁木的告別儀式,將於星期日早上舉行。袁木曾任國務院研究室主任兼國務院發言人,1989年六四事件後的記者會上,袁木指出,當時發生了從未發生過的反革命暴亂,死亡人數近300人,包括解放軍、誤傷的群眾和暴亂分子。他其後再接受外國傳媒訪問,表示天安門廣場清場時,裡面沒有死一個人。

L’Arc-en-Ciel東京ドーム公演をWOWOWで放送、舞台裏に迫るドキュメンタリー配信も – ナタリー

L’Arc-en-Ciel東京ドーム公演をWOWOWで放送、舞台裏に迫るドキュメンタリー配信も – ナタリー

12月19日と20日に東京・東京ドームで行われる、L'Arc-en-Cielの単独公演「LIVE 2018 L'ArChristmas」。このライブの模様が2月にWOWOWで放送され、ライブの裏側に密着したドキュメンタリー番組が1月からParaviにて3カ月連続配信されることが決定した。 12月19日と20日に東京・東京ドームで行われる、L'Arc-en-Cielの単独公演「LIVE 2018 L'ArChristmas」。このライブの模様が2月にWOWOWで放送され、ライブの裏側に密着したドキュメンタリー番組が1月からParaviにて3カ月連続配信されることが決定した。今回のライブは両日共50台以上のカメラと機材を配置して収録され、約2カ月にわたる編集作業を経て2月23日にWOWOWプライムにて放送される。またParaviのドキュメンタリー番組はライブのリハーサルから密着し、演出や照明など各セクションのスタッフの証言、メンバーへのインタビューなどを交えて舞台裏に迫る。WOWOWプライム「L'Arc-en-Ciel LIVE 2018 L'ArChristmas」2019年2月23日(土)20:00~Paravi ドキュメンタリー番組(タイトル未定)2019年1月~3月 配信予定

Page 1 of 552 12552

FOLLOW US

Login to your account below

Fill the forms bellow to register

Retrieve your password

Please enter your username or email address to reset your password.